【2021年最新版】稼げる安全なチャットレディおすすめランキング!

顔出しせずにタイピングだけのチャットレディで稼ぐ方法と求人の選び方

チャットレディは、映像配信を使ったビデオチャットのイメージがあります。実際、ほとんどのチャットレディは、ビデオチャットが主流です。

しかし、タイピングのみの仕事もあることをご存じでしょうか?

男性とメールのやりとりをするだけで、顔出しせずにチャットレディの仕事で稼げます。身バレのリスクが小さく、話すのが苦手でもチャットレディができるのがメリットです。

タイピングだけでチャットレディとして働くメリットと、稼ぐコツ、チャットレディ会社の選び方を説明します。

タイピングのみのチャットレディの仕事とは?

「チャットレディで顔出しせずに稼げるのか?」「どんな仕事内容なの?」と疑問に思いますよね。タイピングのみのチャットレディの仕事が、どんな内容なのかを説明します。

チャットレディがタイピングのみで働く方法

チャットレディがタイピングのみで働くには、メールや文字チャットのみでも働けるチャットレディ会社に、登録する必要があります。基本的には、ビデオチャット中心のチャットレディ会社でも、タイピングの仕事だけしていても問題ありません。

具体的には、下記のような仕事内容です。

メールレディ

メールやメッセージを使って、男性とやりとりするチャットレディです。画像や動画を添付した場合は報酬が上がりますが、タイピングのみでも働けます。

ビデオチャットなどの音声を使った場合よりも、報酬は低くなりますが、タイピングのみでチャットレディをするのにおすすめの方法です。

テキストチャットレディ

テキストチャットレディとは、ビデオチャットのように音声を使わずに、タイピングでチャットのみをおこなう仕事です。

多くの場合は映像配信が必要で、顔出ししなくてはいけません。なかには、顔の一部が写った画像だけでもOKなこともあります。

メールレディよりも報酬がよく、顔出しOKでタイピングのみの仕事がしたいときにおすすめです。

トークが苦手な男性に需要がある

タイピングのみのチャットレディは、実はトークが苦手な男性に需要があります。話が続かないのでは?と不安のある男性や、話すことに苦手意識を持っている男性が、メールやテキストのチャットレディを利用します。

「女性と直接話したい」と思う男性がいる一方で、「テキストで楽しみたい」という男性もいるため、タイピングのみで稼ぐことも可能です。

タイピングだけでチャットレディをする3つのメリット

ビデオチャットのほうが、圧倒的に報酬が高いのが現状です。しかし、タイピングのみのチャットレディにもメリットがあります。

ここでは、タイピングのみチャットレディをするときの3つのメリットについて解説します。

【タイピングのメリット①】トークが苦手でもOK

チャットレディで働きたいけど、話すのが苦手な人もいます。あるいは、「話が止まってしまったらどうしよう?」と不安を持っているかもしれません。

タイピングのみのチャットレディは、そんな心配は不要です。「トークができない」「上手くできるか不安」と悩まずに仕事ができます。

ただし、タイピングのみの仕事で高報酬を狙うには、少しコツが必要です。詳しくは後述します。

【タイピングのメリット②】身バレのリスクが低い

タイピングのみでチャットレディをしている人の多くは、身バレが怖いからという理由からでしょう。ビデオチャットに比べて、メールレディは身バレのリスクが低いとされています。

タイピングのみでもプロフィール画像は必要ですが、目元を隠したり、ウィッグを被ったりすることで身バレを極力防げます。

ただし、メールやメッセージのやりとりだけでも、身バレが完全にないとは言い切れません。やりとりの中で、出身地や出身校などから身バレする可能性もあります。個人情報は、男性に聞かれても教えないように注意しましょう。

【タイピングのメリット③】外出先など周囲を気にせず働ける

タイピングだけのチャットレディは映像配信が不要のため、パソコンやスマホの前でスタンバイする必要はありません。メールやメッセージがきたら、返信するだけ。それ以外は、のんびりくつろいでいても問題ありません。

そのため、タイピングのみのチャットレディは外出先でも働けます。副業でするときは、時間を作りにくいことがデメリットですが、タイピングのみの仕事なら、本業の休憩中にも稼げます。電車の中でもメールを送れるので、ちょっとした隙間時間に稼げるのがメリットです。

チャットレディでタイピングしかできないときの3つデメリット

チャットレディとして働くとき、タイピングしかできない場合は、高収入を狙いにくいなどのデメリットがある点を理解しておきましょう。タイピングのみで働きたい場合に知っておきたい、3つのデメリットについて説明します。

【タイピングのデメリット①】チャットレディ会社が限られる

そもそも、登録するチャットレディ会社に、タイピングのみの仕事がないと働けません。多くのチャットレディ会社には、タイピングのみでも働ける仕組みがあります。

しかし、なかにはビデオチャットのみの会社もあるので、きちんと確認してから登録するようにしましょう。

【タイピングのデメリット②】高収入を狙いにくい

タイピングのみ(画像・動画なし)の場合は、報酬は10円~40円が相場です。タイピングのみのテキストメールは、自分から送信したときは報酬が発生しません。男性からのメールを受信したときに報酬が発生する仕組みです。

ビデオチャットの場合は、1分50円~150円と相場にも幅がありますが、タイピングのみのチャットレディよりも高収入を狙いやすいと言えます。例えば、1分100円のビデオチャットを15分おこなえば、1,500円の報酬が得られます。

一方、受信メール1通につき40円のチャットレディは、同じだけ稼ぐのに約38通の受信が必要です。数字を見るとタイピングだけでは、高収入を狙いにくいのがおわかりいただけると思います。

【タイピングのデメリット③】アダルトジャンルには不向き

チャットレディにアダルト要素を求める男性は多く、アダルトジャンルのビデオチャットが人気です。ビデオチャットでは、女性が洋服を脱いで肌を露出して視覚を刺激するだけでなく、音を使ったテクニックが使えます。

タイピングだけのチャットレディでは、画像・音声を使えないため、テクニックが限られてしまうのがデメリットです。そのため、文章だけでどれだけ男性の気持ちを惹きつけるかが重要になります。

タイピングだけしかできない場合、そもそも男性に興味を持ってもらいにくい点も理解しておきましょう。チャット自体はタイピングのみだとしても、プロフィールを充実させるなどの工夫が大切です。

チャットレディがタイピングだけで稼ぎたいときの4つのポイント

ビデオチャットでないと、チャットレディでは稼ぎにくいのはわかっているが、それでもタイピングのみで稼ぎたい。その場合は、デメリットで挙げた点をカバーするために工夫するとよいでしょう。

ここでは、タイピングだけで稼ぎたいときに気を付けるポイントを4つ説明します。

【稼ぐポイント①】トークできないことをあらかじめ伝える

ビデオチャットが目的の男性の場合は、トークができないことを知ってがっかりするかもしれません。最初からタイピングだけしかできないことを知っているのと、あとから知るのとでは印象が異なります。男性には、トークができない旨を先に伝えておくのが無難です。

そのときに、タイピングだけになる設定をしっかりと作っておくことがポイントです。単純に「顔出しはできない」と言うよりも、「人妻だから」「旦那にばれるから」などと伝えるほうが、シチュエーションとしても楽しんでもらえます。

【稼ぐポイント②】絵文字で可愛くアピールする

タイピングのみでチャットレディをするときは、音や視覚に頼れません。テキストの内容だけでなく、見た目にも気を使うことが大切です。

例えば、下記の例文を見てみましょう。

お仕事お疲れ様です。

お仕事お疲れ様です◝(⑅•ᴗ•⑅)◜..°♡

上の顔文字なしのテキストよりも、2つ目の顔文字ありのテキストのほうが心を動かされませんか?

顔文字や絵文字は感情を表現しやすく、音声のないタイピングのみのチャットレディでは大切なポイントです。タイピングのみでチャットレディをするときは、自分自身が貰ったら嬉しい文章を心がけるようにしましょう。

【稼ぐポイント③】即レスする

男性からメールを受信したら、即レスするのも大切なポイントです。メール受信をすれば報酬は入りますが、返事が遅いと男性の足も遠のいてしまいます。副業でチャットレディをしている場合は、昼間の即レスは難しいかもしれませんが、できるだけ早く返事を返すことを心がけるとよいでしょう。

返事が遅れてしまったときは、その旨を謝罪してから本題に入ることが大切です。

【稼ぐポイント④】営業メールをこまめに送る

チャットレディで女性から、男性に送る営業メールをアタックメール(アタメ)と呼びます。タイピングのみで働くときは、このアタックメールをこまめに送り、男性にアピールすることがより大切です。

アタックメールで気を付けたいのは、次のとおりです。

  • テンプレート化しない
  • 男性の名前を文章に入れる
  • 男性のプロフィールから話題を拾う

だくさんの男性にアタックメールをするときは、文章をテンプレート化すると楽なのですが、型に決まった営業をしてはいけません。男性のプロフィールを確認し、趣味など男性が興味のある内容を織り込んでメールをします。

また、男性の名前を入れると、より親近感を感じてもらいやすくなります。これを「返報性の原理」と呼び、ビジネスの場でよく使われる心理手法です。返報性の原理とは、「好意を受けたら返さないといけない」という人間の心理で、多くの人が自意識なくこの原理に従って行動しています。

タイピングのみのチャットレディの仕事にも、男性の名前を呼ぶことで好意を示して、相手にも好意を返してもらうように働きかけます。

タイピングだけで働きたいときのチャットレディ会社の選び方

タイピングだけで働きたいときは、チャットレディ会社の選び方にも注意が必要です。登録したあとに「失敗した!」と思わない、チャットレディ会社の選び方について説明します。

タイピングのみで働ける

タイピングだけでチャットレディがしたいのに、「ビデオチャットなどの画像・動画を利用した機能しかないと登録後に気付いた」なんてことにならないように注意しましょう。

メールレディの仕事があるか、音声なし・画像なしのチャットレディの仕事があるかを、公式ホームページでしっかり確認します。なかには、音声なし・映像なしでも本人の顔出し画像が必要なチャットレディ会社もあります。

また、このときに報酬の最低振込額のチェックも忘れないでくださいね。タイピングのみの仕事は、ビデオチャットよりも報酬が下がるため、無理のない振込額が設定されていることが重要です。

タイピングの報酬が高い

タイピングのみのチャットレディは、音声あり・映像ありのチャットレディと比べて、報酬が低いデメリットがあります。そのため、タイピングのみの仕事の報酬が高いチャットレディ会社を、選ぶことがポイントです。

このとき注意したいのは、ビデオチャットの報酬が高いからといって、タイピングのみの報酬が高いとは限らないこと。メール受信でいくらもらえるのか、音声なし・映像なしの場合の報酬はいくらなのかを、きちんと確認してから登録しましょう。

働きやすい条件である

報酬が高くても、継続できなくては意味がありません。本業の片手間でも、仕事がしやすい環境かを確認しましょう。働き方について疑問がある場合は、チャットレディ会社に質問することも可能です。登録する前に、疑問点を解消しておくとよいでしょう。

もちろん、登録後に辞めるのも自由ですが、最低振込額に満たない報酬はもらえません。せっかく報酬が発生してたのに、「合わないから辞める」とならないためには、続けやすい環境のチャットレディを選ぶことが重要です。

タイピングのみのチャットレディはメール報酬が高い会社を選ぶ

チャットレディは、タイピングのみでも働けます。しかし、映像あり・音声ありよりも稼ぎにくいというデメリットを理解しておく必要があります。デメリットをカバーするには、次のポイントが大切です。

  • 顔文字や絵文字で視覚効果を上げる
  • 返報性の原理を利用して男性の名前を文章に入れる
  • アタックメールはテンプレート化せずに一人一人内容を変える

手間はかかりますが、タイピングのみのチャットレディは、身バレのリスクも少ないのがメリットです。通勤時間や寝る前のちょっとした時間に取り組めるので、副業として魅力的な仕事と言えます。